2012年11月27日

ブログ 開示会計を学ぶ 第26回「株式関係」有価証券報告書作成演習テキスト


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ■ 公認会計士 児玉厚 ■
          ブログ〜開示会計を学ぶ〜
             【演習問題等】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<開示川柳>

 「 あ~予算 ルールと監査 大事かな?」


 もう一つのメルマガ「予算会計を学ぶ」の方で、毎週水曜日に
「業績予想修正理由一覧(10社)」を分析している。

 修正理由は様々であるが、当期純利益(四半期純利益)の予想が
30%以上ブレるケースが少なくない。

 例えば、「減損」や「企業結合」や「連結範囲の変更」など。

 税効果の回収可能性も検討する必要がある場合もある。

================================

● 開示実務演習の考察
  :第26回「株式関係」有価証券報告書作成演習テキスト

   参考文献:「有価証券報告書完全作成ガイド」(清文社)

● 「開示川柳」
 
 「開示書類チェックリスト」の御案内
 (株式会社スリー・シー・コンサルティング)


 「予算会計」(清文社)<共著>の御案内

================================

● 今週の開示実務演習の考察
  :第26回「株式関係」有価証券報告書作成演習テキスト
   参考文献:「有価証券報告書完全作成ガイド」(清文社)

  

【今回の演習の目的】

1.議決権の内容を正しく理解する。

2.相互保有株式の計算プロセスを理解する。

3.株式及び議決権関係の有価証券報告書作成プロセスを理解する。

4.自己株式及び株価関係の有価証券報告書作成プロセスを理解する。



第26回「株式関係」有価証券報告書作成演習テキスト
<初級編、中級編、上級編>
 下記よりダウンロードして下さい。

問題編
「問題編のURL」
http://yosankaikei.otoku21.info/12.11.26mondai.text26.kaijikaikei.pdf


★メルマガ登録者へは第1回からの第26回までの「解答編」をお送りしています。

★ご質問等も受付しております。

★演習講座や意見交換会のご案内します。


※<メルマガ運用上の留意点>

 「開示書類作成理論が世の中に存在していないこと」
 「公正な開示書類作成実務教育を一緒に創造していくこと」
 等より、
 問題や演習についての疑問点・誤りの指摘等のご助言については
遠慮なくメールいただければ幸いです。
 また、開示実務に携わる皆様からの問題・解答の投稿も是非
よろしくお願いします。


● 今週の「開示川柳」

<開示川柳>


 「 あ〜予算 ルールと監査 大事かな?」


 もう一つのメルマガ「予算会計を学ぶ」の方で、毎週水曜日に
「業績予想修正理由一覧(10社)」を分析している。

 修正理由は様々であるが、当期純利益(四半期純利益)の予想が
30%以上ブレるケースが少なくない。

 例えば、「減損」や「企業結合」や「連結範囲の変更」など。

 税効果の回収可能性も検討する必要がある場合もある。

 このような重要な事実について、事前監査を受けずに
業績予想修正を発表することは考えずらい。

 当然、監査法人と事前確認しているだろうし、又は事前監査を受けて
いるのかもしれない。


 開示実務は、「実績開示」と「予算開示」がある。

 投資家の関心事は企業の将来なので、当然「予算開示」に関心がある。

 一方、監査はあくまでも「実績開示」が対象だ。

 有価証券報告書にはすでに多くの「予測概念」を含んでいる。

 減損や繰延税金の回収可能性、退職給付債務、資産除去債務など。

 この予測数値が一番の投資リスクでもある。

「予想数値をどの様なルールで作成するのか?」

「予想修正する場合、どのようなルールに準拠して修正するのか?」

 といった「予算作成のルール」が不可欠である。

 もちろん「予算数値の正しさ」を監査することはできない。

 でも、
「予想数値が当該予算ルールに準拠して正しく作成されているか?」
のはできる。

 これこそが真に投資家が求める「監査の姿」なのではないだろうか?


<開示川柳>

 「 あ~予算 ルールと監査 大事かな?」

─[PR]─────────────────────────────────


【チェックリストを軸として、開示業務のPDCAサイクルを構築しませんか?】


「有価証券報告書等チェックリスト」
株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/


1.有価証券報告書・決算短信チェックリスト
   有価証券報告書 1950項目
          ( 法令準拠性1300項目、数値整合性 650項目 )
  決算短信     1250項目
           ( 法令準拠性1150項目、数値整合性 100項目 )

2.会社法チェックリスト 
  会社法計算書類等 650項目
           ( 法令300項目、数値整合性 350項目 )

3. 四半期報告・四半期決算短信チェックリスト
    四半期報告書   700項目 ( 法令400項目、数値整合性 300項目 )
    四半期決算短信  400項目 ( 法令380項目、数値整合性 20項目 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.NEW!適時開示書類チェックリスト
    
    適時開示書類  1900項目
     ※ 東証適時開示ガイドブック第2編(決算短信を除く)に完全対応


<特徴>

1.開示法令等準拠性チェックリストの他、
  「数値の整合性チェックリスト」が含まれる。
2.四半期単位に訂正分析を行い、標準化すべきチェック
  項目を追加して行く。
3.ユーザ要望より、機能改善を行う。
4.チェックリストを活用した演習講座開催予定。
5.お客様の開示実務に合わせて、カスタマイズするサービスも
  行います。(別途見積)

<運用例>

 手順1 決算前に、担当別にチェックリストを配布する。

 手順2 決算前に、前期の有報等をチェックリストでチェックし、
     事前トレーニングを行う。
     
 手順3 決算時に、担当者別に有報等をチェックリストで行う。

 手順4 開示責任者は、担当者からチェックリスト(チェック済)を
     回収し、内容をレビューし、チェックリストをまとめる。

 手順5 社長へチェックリストを提出し、「有価証券報告書の適正性に
     関する確認書」にサインをもらう。

 手順6 チェックリストを監査法人の内部統制監査用に提出する。

 手順7 決算後、反省会を開催し、問題点・課題を整理し、
    開示業務のPDCAサイクルを回して行く。


お申込みはこちら↓

「有価証券報告書等チェックリスト」株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/


─────────────────────────────────[PR]─

─[PR]─────────────────────────────────

<新刊書籍>「予算力UP!」

予算キャッシュ・フロー計算書の作成過程を演習形式で解説した

「予算会計」(清文社)


「はじめに」抜粋
http://yosankaikei.otoku21.info/2012.3yosankaikei.hajimeni.seibunsya.pdf
    
    ↓
<上場会社のCFOの方からのコメント例>

   お言葉で100%同感、心に刺さりました。


1 経理に本当に求められるのは「問題解決能力・判断力」

2 経営者は「過去」ではなく、99%「将来」の方向を向いている。


 (中堅以降の「経理屋」さんは、「過去」の正確な記帳・処理
  だけの呪縛から、的確に「将来」を考える割合の多さが能力の差)


3 「経営者」「経理」「会計専門家」の「夢のトライアングル」
【正誤表】

「正誤表」をダウンロードして下さい。
http://yosankaikei.otoku21.info/yosanshoseki.seigohyou.yosankaikei.pdf

─────────────────────────────────[PR]─

【メルマガ予算会計未登録の方へ】

 キャッシュ・フロー経営なのに、C/F予算がないって変じゃないですか?
会計業界を「夢のある世界」にしたいですね。
一緒に「新たな予算会計という世界を創って行きませんか?」

ご賛同いただける方:メルマガ登録よろしく。
平日毎日配信中。
生い立ちからの起業まで失敗の連続のストーリー14回が配信されます。
(みなさんに自信を持っていただく為)

メルマガ「予算会計を学ぶ」
http://yosankaikei.blog.fc2.com/


1「販売部門予算編成方針」
2「販売部門予算編成スケジュール表」
3「担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・山田太郎)」
4「製品別販売計画書」
5「製品別適正在庫表」
6「売上高予算表」
7「販売部門個別費予算表」
8「間接販売管理費予算表」
9「社内振替売上原価予算表」
10「販売部門予算書」
11「月次販売部門予算書NO.1:売上高明細」
12「月次販売部門予算書NO.2:社内振替売上原価・粗利益明細」
13「月次販売部門予算書NO.3:予算損益計算書」
14「月次販売部門予算書NO.4:予算実績管理用の損益計算書」
15「月次販売部門資金収支計画書:
  担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也)」
16「月次販売部門資金収支計画書:
  担当者別相手先別売上代金回収計画表(山田太郎)」
17「月次販売部門資金収支計画書:売上代金回収計画表(合計)」
18「月次販売部門資金収支計画書:販売費支払計画表」
19「月次販売部門資金収支計画書」
20「月次販売部門キャッシュ・フロー計算書」
21 販売単価が変更になった場合の影響シミュレーション資料


(製造部門予算基礎資料例)

1「製造部門予算編成方針」
2「製造部門予算編成スケジュール表」
3「製造部門:設備投資処分等申請書」
4「製造部門:次期人事異動等申請書」
5「製造部門:A製品製品別作業工程兼標準投入量表」
6「製造部門:B製品製品別作業工程兼標準投入量表」
7「製造部門:製品別生産計画明細表兼製品在庫表<A製品>」
8「製造部門:製品別生産計画明細表兼製品在庫表<B製品>」
9「製造部門:材料仕入兼在庫明細表<a材料>」
10「製造部門:材料仕入兼在庫明細表<b材料>」
11「製造部門:材料仕入兼在庫明細表<c材料>」
12「製造部門:材料仕入総括表」
13「製造部門:外注費計画表」
14「製造部門:人件費基礎管理表」
15「製造部門:製造直接費予算表」
16「製造部門:製造間接費予算表」
17「製造部門:製品別製造原価明細表」
18「製造部門:製品別単位製造費用明細表」
19「製造部門:社内売上予算表」
20「製造部門:製造部門予算書」
21「<応用>販売数量が変化した場合の製造部門の製造予算調整(その1)」
22「<応用>販売数量が変化した場合の製造部門の製造予算調整(その2)」
22「<応用>販売数量が変化した場合の製造部門の製造予算調整(その3)」
23「製造部門月次予算書(その1):社内売上高明細」

★「業績予想修正理由一覧NO.1〜14」


最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも よろしくお願いします。


posted by 児玉厚 at 00:56 | Comment(0) | 株式関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

ブログ開示会計を学ぶ 第25回「設備投資・固定資産及び資産除去債務関係」


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ■ 公認会計士 児玉厚 ■
          ブログ〜開示会計を学ぶ〜
             【演習問題等】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<開示川柳>

 「早期化は 心配りと 事前化か 」

 先日、上場会社5社の経理責任者の方と意見交換会をした。

 約3時間、熱い議論となった。

 現場の方の生の声は本当に本質的で、驚かされる。

 続きは編集後記にて、、、

================================

● 開示実務演習の考察
  :第25回「設備投資・固定資産及び資産除去債務関係」

参考文献:「有価証券報告書完全作成ガイド」(清文社)

● 「開示川柳」
 
 「開示書類チェックリスト」の御案内
 (株式会社スリー・シー・コンサルティング)

 「予算会計」(清文社)<共著>の御案内

================================


● 今週の開示実務演習の考察
  :第25回「設備投資・固定資産及び資産除去債務関係」
   参考文献:「有価証券報告書完全作成ガイド」(清文社)

  

【今回の演習の目的】

1.有価証券報告書の設備投資の状況の作成プロセスを理解する。

2.固定資産関係の注記並びに附属明細表の作成プロセスを理解する。

3.資産除去債務の注記の作成プロセスを理解する。


<初級編、中級編、上級編>
 下記よりダウンロードして下さい。

問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.10.15mondai.text25.kaijikaikei.pdf


メルマガ登録していただけると
解答編が第1回から24回も含めて配信されます。

 ご質問等も受付けております。




● 今週の「開示川柳」

<開示川柳>


 「早期化は 心配りと 事前化か 」

 先日、上場会社5社の経理責任者の方と意見交換会をした。

 約3時間、熱い議論となった。

 現場の方の生の声は本当に本質的で、驚かされる。

 「決算・開示業務、監査対応をいかに効率的にするか?」が
議論された。

 1.システム化
  →連結子会社のシステム統一
   開示業務のシステム化

 2.人間関係の構築
  →他部署や連結子会社の経理スタッフの所へ訪問し、
   人間関係を作り、決算・開示の対応の理解を求める。

 3.決算・開示業務・監査対応の事前化
  →監査法人の監査調書が自動的に出来上がる流れにする。
   開示業務のシステムを使って、月次開示資料を事前作成し、
   監査法人の期中監査で対応済とする。
   決算前に年度の3つの開示書類を作成し、重要事項について
   監査法人と事前協議する。
   
 4.人財育成
  →どこの会社も人財育成に苦労している。
   開示業務システムを軸に分坦し、ローテーション化して
   育成を図る。
   チェックリストを使わせることにより、スキル育成に
   利用する。

 年間での経理残業がない会社があったことにはみんなビックリ
 していた。

 決算・開示が早期化すると、監査法人の担当スキルの高い人が
 来るようになったとも話をしていた。

 個人的には、訂正について不当に責任転嫁されない為にも
 開示業務のルールが必要ではないかと感じている。
 
 1.「開示業務のルール(規程・マニュアル)」
 2.「開示業務のシステム化」
 3.「開示業務の教育・スキル育成」
 4.「開示書類のチェックリスト」

 を軸として、開示業務のPDCAを回して管理水準を上げて
 行くことが大事ではないかと思う。

 御参加の皆様、本当にありがとうございました。

 開示メルマガ読者の経理の方でも
他社との意見交換を望まれる方はご連絡下さい。


<開示川柳>

 「早期化は 心配りと 事前化か 」


─[PR]─────────────────────────────────


【チェックリストを軸として、開示業務のPDCAサイクルを構築しませんか?】


「有価証券報告書等チェックリスト」
株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/


1.有価証券報告書・決算短信チェックリスト
   有価証券報告書 1950項目
          ( 法令準拠性1300項目、数値整合性 650項目 )
  決算短信     1250項目
           ( 法令準拠性1150項目、数値整合性 100項目 )

2.会社法チェックリスト 
  会社法計算書類等 650項目
           ( 法令300項目、数値整合性 350項目 )

3. 四半期報告・四半期決算短信チェックリスト
    四半期報告書   700項目 ( 法令400項目、数値整合性 300項目 )
    四半期決算短信  400項目 ( 法令380項目、数値整合性 20項目 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.NEW!適時開示書類チェックリスト
    
    適時開示書類  1900項目
     ※ 東証適時開示ガイドブック第2編(決算短信を除く)に完全対応


<特徴>

1.開示法令等準拠性チェックリストの他、
  「数値の整合性チェックリスト」が含まれる。
2.四半期単位に訂正分析を行い、標準化すべきチェック
  項目を追加して行く。
3.ユーザ要望より、機能改善を行う。
4.チェックリストを活用した演習講座開催予定。
5.お客様の開示実務に合わせて、カスタマイズするサービスも
  行います。(別途見積)

<運用例>

 手順1 決算前に、担当別にチェックリストを配布する。

 手順2 決算前に、前期の有報等をチェックリストでチェックし、
     事前トレーニングを行う。
     
 手順3 決算時に、担当者別に有報等をチェックリストで行う。

 手順4 開示責任者は、担当者からチェックリスト(チェック済)を
     回収し、内容をレビューし、チェックリストをまとめる。

 手順5 社長へチェックリストを提出し、「有価証券報告書の適正性に
     関する確認書」にサインをもらう。

 手順6 チェックリストを監査法人の内部統制監査用に提出する。

 手順7 決算後、反省会を開催し、問題点・課題を整理し、
    開示業務のPDCAサイクルを回して行く。


お申込みはこちら↓

「有価証券報告書等チェックリスト」株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/


─────────────────────────────────[PR]─

─[PR]─────────────────────────────────

<新刊書籍>「予算力UP!」

予算キャッシュ・フロー計算書の作成過程を演習形式で解説した

「予算会計」(清文社)

「はじめに」抜粋
http://yosankaikei.otoku21.info/2012.3yosankaikei.hajimeni.seibunsya.pdf
        ↓
<上場会社のCFOの方からのコメント例>

   お言葉で100%同感、心に刺さりました。

1 経理に本当に求められるのは「問題解決能力・判断力」

2 経営者は「過去」ではなく、99%「将来」の方向を向いている。


 (中堅以降の「経理屋」さんは、「過去」の正確な記帳・処理
  だけの呪縛から、的確に「将来」を考える割合の多さが能力の差)


3 「経営者」「経理」「会計専門家」の「夢のトライアングル」
【正誤表】

「正誤表」をダウンロードして下さい。
http://yosankaikei.otoku21.info/yosanshoseki.seigohyou.yosankaikei.pdf

─────────────────────────────────[PR]─

【メルマガ「予算会計を学ぶ」未登録の方へ】

 キャッシュ・フロー経営なのに、C/F予算がないって変じゃないですか?

 会計業界を「夢のある世界」にしたいですね。

一緒に「新たな予算会計という世界を創って行きませんか?」


ご賛同いただける方:メルマガ登録よろしく。

平日毎日配信中。

生い立ちからの起業まで失敗の連続のストーリー14回が配信されます。
(みなさんに自信を持っていただく為)

メルマガ「予算会計を学ぶ」
http://yosankaikei.blog.fc2.com/


1「販売部門予算編成方針」
2「販売部門予算編成スケジュール表」
3「担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・山田太郎)」
4「製品別販売計画書」
5「製品別適正在庫表」
6「売上高予算表」
7「販売部門個別費予算表」
8「間接販売管理費予算表」
9「社内振替売上原価予算表」
10「販売部門予算書」
11「月次販売部門予算書NO.1:売上高明細」
12「月次販売部門予算書NO.2:社内振替売上原価・粗利益明細」
13「月次販売部門予算書NO.3:予算損益計算書」
14「月次販売部門予算書NO.4:予算実績管理用の損益計算書」
15「月次販売部門資金収支計画書:
  担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也)」
16「月次販売部門資金収支計画書:
  担当者別相手先別売上代金回収計画表(山田太郎)」
17「月次販売部門資金収支計画書:売上代金回収計画表(合計)」
18「月次販売部門資金収支計画書:販売費支払計画表」
19「月次販売部門資金収支計画書」
20「月次販売部門キャッシュ・フロー計算書」
21 販売単価が変更になった場合の影響シミュレーション資料
現在、製造部門スタート。


最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも よろしくお願いします。
posted by 児玉厚 at 12:40 | Comment(0) | 資産除去債務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

開示会計を学ぶ:(特集) 招集通知の訂正分析(211社)


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ■ 公認会計士 児玉厚 ■
          ブログ〜開示会計を学ぶ〜
         【特集:招集通知の訂正分析】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<今週の開示川柳>
 「総会で 訂正謝罪で 恐怖かな」



 招集通知の訂正分析の状況(211社)をご案内します。

 上場会社の経営者は、株主総会の議案に訂正がある訳で、
おそらく怒り心頭ではなかろうか。

 総務、経理、監査役や担当公認会計士も身のすくむ思い
ではないか。

 とはいえ、多くの修正が入ると、チェック漏れが生じる
こともあり、担当されている方の立場からみると、
そういうリスクはゼロにはできないとも思う。

 今後の訂正リスクヘッジのご参考にしていただければ
幸いです。

 3月決算の上場会社を中心として、211社の訂正が
生じている。

訂正箇所で言えば、317件であり、その内訳は下記の
通りだ。

 株主総会参考書類 91件
 監査報告書    13件
 計算書類     73件
 事業報告     92件
 連結計算書類   48件
    合計   317件

 以下、私見として所感を述べる。

 株主総会参考書類においては、「役員選任」での訂正が非常に多い。
 
 監査報告書は単純な「日付」「定型文章」の誤りが多い。

 計算書類は、「関連当事者関係注記」や「貸借対照表(関係注記)」の誤りが多い。

 事業報告は、「会社役員に関する事項」の誤りが多い。

 連結計算書類は、「金融商品に関する注記(時価情報)」の誤りが多い。

 また、「過去の誤謬の訂正」関係の訂正が2社発生している。

 上記の訂正のうち、数値に関するものも非常に多いが、本来、会社法の監査を
経て、取締役会の承認の時点で数値は確定しているはずだ。
 にも係らず、訂正が起きるというのは、後で作成する有価証券報告書の作成・
監査過程で誤りが発見されたものが多いと推測する。

 今後の訂正防止の観点から見れば、会社法監査過程において、有価証券報告書
の数値をすべて監査済にしておく必要があると考える。

 事業報告は、監査法人の監査対象ではなくなっているので、監査役のみの
監査となる。役員報酬等の誤りは、双方の協力関係強化が必要ではないかと
考える。



 詳細内容をメルマガ読者向けに配信しております。

もしよろしければ、メルマガ登録していただければ幸いです。



<今週の開示川柳>
 
「総会で 訂正謝罪で 恐怖かな」


                      以上

─[PR]─────────────────────────────────

【開示書類チェックの内部統制ツール及び開示書類検証スキル育成ツール】

「法定開示書類チェックリスト」株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/

1.有価証券報告書・決算短信チェックリスト
    3万8000円  (チェック項目数 約3000項目)

2.会社法チェックリスト 
     3万8000円  (チェック項目数 約650項目)

3. 四半期報告・四半期決算短信チェックリスト
       2万円  (チェック項目数 約1200項目)

※価格は全て消費税込み

─────────────────────────────────[PR]─

─[PR]─────────────────────────────────

<新刊書籍>「予算力UP!」

予算キャッシュ・フロー計算書の作成過程を演習形式で解説した

「予算会計」(清文社)

「はじめに」抜粋
http://yosankaikei.otoku21.info/2012.3yosankaikei.hajimeni.seibunsya.pdf

        ↓
<上場会社のCFOの方からのコメント例>


   お言葉で100%同感、心に刺さりました。


1 経理に本当に求められるのは「問題解決能力・判断力」

2 経営者は「過去」ではなく、99%「将来」の方向を向いている。

 (中堅以降の「経理屋」さんは、「過去」の正確な記帳・処理
  だけの呪縛から、的確に「将来」を考える割合の多さが能力の差)

3 「経営者」「経理」「会計専門家」の「夢のトライアングル」

【正誤表】

「正誤表」をダウンロードして下さい。
http://yosankaikei.otoku21.info/yosanshoseki.seigohyou.yosankaikei.pdf

─────────────────────────────────[PR]─


最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by 児玉厚 at 13:39 | Comment(0) | 招集通知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。