2012年09月06日

開示会計を学ぶ:(特集) 招集通知の訂正分析(211社)


☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ■ 公認会計士 児玉厚 ■
          ブログ〜開示会計を学ぶ〜
         【特集:招集通知の訂正分析】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<今週の開示川柳>
 「総会で 訂正謝罪で 恐怖かな」



 招集通知の訂正分析の状況(211社)をご案内します。

 上場会社の経営者は、株主総会の議案に訂正がある訳で、
おそらく怒り心頭ではなかろうか。

 総務、経理、監査役や担当公認会計士も身のすくむ思い
ではないか。

 とはいえ、多くの修正が入ると、チェック漏れが生じる
こともあり、担当されている方の立場からみると、
そういうリスクはゼロにはできないとも思う。

 今後の訂正リスクヘッジのご参考にしていただければ
幸いです。

 3月決算の上場会社を中心として、211社の訂正が
生じている。

訂正箇所で言えば、317件であり、その内訳は下記の
通りだ。

 株主総会参考書類 91件
 監査報告書    13件
 計算書類     73件
 事業報告     92件
 連結計算書類   48件
    合計   317件

 以下、私見として所感を述べる。

 株主総会参考書類においては、「役員選任」での訂正が非常に多い。
 
 監査報告書は単純な「日付」「定型文章」の誤りが多い。

 計算書類は、「関連当事者関係注記」や「貸借対照表(関係注記)」の誤りが多い。

 事業報告は、「会社役員に関する事項」の誤りが多い。

 連結計算書類は、「金融商品に関する注記(時価情報)」の誤りが多い。

 また、「過去の誤謬の訂正」関係の訂正が2社発生している。

 上記の訂正のうち、数値に関するものも非常に多いが、本来、会社法の監査を
経て、取締役会の承認の時点で数値は確定しているはずだ。
 にも係らず、訂正が起きるというのは、後で作成する有価証券報告書の作成・
監査過程で誤りが発見されたものが多いと推測する。

 今後の訂正防止の観点から見れば、会社法監査過程において、有価証券報告書
の数値をすべて監査済にしておく必要があると考える。

 事業報告は、監査法人の監査対象ではなくなっているので、監査役のみの
監査となる。役員報酬等の誤りは、双方の協力関係強化が必要ではないかと
考える。



 詳細内容をメルマガ読者向けに配信しております。

もしよろしければ、メルマガ登録していただければ幸いです。



<今週の開示川柳>
 
「総会で 訂正謝罪で 恐怖かな」


                      以上

─[PR]─────────────────────────────────

【開示書類チェックの内部統制ツール及び開示書類検証スキル育成ツール】

「法定開示書類チェックリスト」株式会社スリー・シー・コンサルティング

http://www.3cc.co.jp/checklist/

1.有価証券報告書・決算短信チェックリスト
    3万8000円  (チェック項目数 約3000項目)

2.会社法チェックリスト 
     3万8000円  (チェック項目数 約650項目)

3. 四半期報告・四半期決算短信チェックリスト
       2万円  (チェック項目数 約1200項目)

※価格は全て消費税込み

─────────────────────────────────[PR]─

─[PR]─────────────────────────────────

<新刊書籍>「予算力UP!」

予算キャッシュ・フロー計算書の作成過程を演習形式で解説した

「予算会計」(清文社)

「はじめに」抜粋
http://yosankaikei.otoku21.info/2012.3yosankaikei.hajimeni.seibunsya.pdf

        ↓
<上場会社のCFOの方からのコメント例>


   お言葉で100%同感、心に刺さりました。


1 経理に本当に求められるのは「問題解決能力・判断力」

2 経営者は「過去」ではなく、99%「将来」の方向を向いている。

 (中堅以降の「経理屋」さんは、「過去」の正確な記帳・処理
  だけの呪縛から、的確に「将来」を考える割合の多さが能力の差)

3 「経営者」「経理」「会計専門家」の「夢のトライアングル」

【正誤表】

「正誤表」をダウンロードして下さい。
http://yosankaikei.otoku21.info/yosanshoseki.seigohyou.yosankaikei.pdf

─────────────────────────────────[PR]─


最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by 児玉厚 at 13:39 | Comment(0) | 招集通知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。