2012年07月21日

開示会計を学ぶ:お詫びとメルマガ読者の会計士からの投稿並びに過去の問題(第1回から第22回)

【お詫び】

 問題編と(メルマガ読者用)解答編の送付につきまして、
基礎データの整理の関係で
サイトアップが大変遅れており申し訳ありません。

前回までの第1回〜第22回までの有価証券報告書作成演習講座
(前回までのテキスト)

 第18回セグメント情報及び第21回税効果会計に「一部訂正」があり、
最新版に置き換えております。

           記

 本日はメルマガ読者からの投稿をご紹介します。

 以前より、予メルマガを一方的なものではなく、
実務家の本音が飛び交うものに徐々にして行きたいと考えていた。

 イメージは、「私がディスクジョッキーでメルマガ読者からの
 投稿を発表する」というイメージだ。

 実際にテストをかねて数人のメルマガ読者の方にお声掛けをしていた。
 
 多忙の中、ある監査法人に勤められている会計士の方からの
投稿をいただいた。

 合わせて、別のメルマガ読者の会計士の方の返信メールも
ご紹介します。


<今日のほっと川柳>

 「 その資料 また来年も 頼みます 」

 (メルマガ読者の会計士の方の作品)


 現在、JASDAQ等のいわゆる新興市場に上場する会社の監査に
関与しております。

 JASDAQ上場くらいですと、売上規模にして20億〜100億
程度の会社が多く、管理にかけるコストはぎりぎりまで絞っているのが
現状のようです。

 従って、監査において資料を頼んでもなかなか出てこなかったり、
地方から取り寄せたり、ひどい場合には頼んでから資料を作るので
月曜日に頼んだ資料が金曜日に出てくることもあります。

 このような場合、監査法人としては「手待ち」になります。

 この手待ちの時間、監査法人側では何していると思います?
間違いなくネットサーフィンか、ゲームでもやっているでしょう。

 私はやっていませんよ。

 何しろ「資料待ち」、原因はこちらに無いと思える状況ですから
罪悪感がないのです。

 最悪なのは、そうやって資料の出が遅い会社に限って資料を
提出後は決算発表があるからと、監査法人を急かすのです。

 前半暇なのに、後半が恐ろしく忙しくなる。

 当然ミスも多くなると思います。

 これでは時間や監査報酬の「無駄」ですし、監査の事故が起きる
可能性が高くなります。

 資料は監査法人が来るまでにおおかた準備してしまいましょう。

 それでは、どのような資料を準備しておけばよいのか?

 基本的に監査は状況が変化しない限り前年と同様の資料を頼みます。

 この「状況に変化がない限り」というのが実は厄介なのですが、
とりあえずは前年同様、と考えて下さい。

 具体的に言うと、まずは科目明細です。

 これが無いと監査は「手のつけようがありません。」

 逆に言えばこれが最初にあれば監査法人は作業を何となく始められ、
その間、会社では依頼された資料を用意する時間を稼ぐことが出来ます。

 あとはどの範囲で用意すればよいかというと、初めての年は分からない
ので監査法人から要求された資料を整理することから始めましょう。

 まず最初にドッチファイルを何冊か用意して下さい。

 次に、貸借対照表、損益計算書の科目順に見出しを作り、科目明細を
入れていって下さい。

 できれば担当している監査法人に「見出しを1部下さい。」と
頼んでみて下さい。

 大体の監査法人はアルファベットによって科目ごとの見出しを
作っており、担当監査法人の見出しと共通の並びにすると便利です。

 そして、監査期間中に求められた資料を、提出するもの以外に
もう1部コピーをとって、関連する科目見出しごとにどんどん
入れていきます。

 監査が終了する時には監査法人が作成する監査調書と同様の資料が
入ったファイルができあがるはずで、
これを会社の決算ファイルとしてしまいましょう。

 次年度はその資料を参考に、あらかじめ次年度の資料を新たに
綴じこんでいって下さい。

 来年監査法人が来たら、そのファイルを置いて、
「最低必要な資料はこの中に入っていると思います。
足りなければ依頼して下さい。」
と言ってしまいましょう。

 当たり前の話のようですが、こういう会社、意外と少ないです。

 紙でなく、データで資料を提供することも最近では多いかと
思いますが、同様です。

 フォルダを科目順に並べ、求められたデータをコピーして
そのフォルダに入れていきます。

 次年度は同様のフォルダに同様のデータを入れ、
監査法人に渡して下さい。

 監査法人は極端に言えばそのファイルをそっくりコピーして、
そのまま調書にします。

 会社では資料提出に追われない分、本当に必要な開示作業に
かける時間を確保できるのではないかと思います。


<今日のほっと川柳>

 「 その資料 また来年も 頼みます 」

 (メルマガ読者の会計士の方の作品)


[児玉の所感]

 監査現場の本音が良くわかり、「なるほどな」と思いました。

 決算時の監査対応は経理現場もストレスだが、監査する会計士
側も監査ストレスなんだなということがよくわかりました。

 監査対応の事前準備が両者にとって大切ですね。

 多くの悩んでいる経理の方への良いアドバイスになると思います。

 ご投稿ありがとうございました。

 読者の皆様も是非、お気軽にご投稿下さい。



上記への別のメルマガ読者(会計士)からの返信メール

・・・略・・・

さて、メルマガ拝見しました。

 監査人の本音。なるほどです。

 私も以前監査をやっていた時、資料が
全然出てこない会社がありました。

 今思うと、以下のようなことだったんだろうと思います。

 会社ないし経理の方々は、仕方がないので監査を受けているというケース
結構ありますよね。

 特に業績が芳しくない場合、積極的に資料を出して根掘り葉掘り聞かれるより、
極力調べられる範囲を少なくしたいと考えていたのではないかと思います。

 やはりきわどい処理があるはずで、それを知られたくないという心理があると。

 そういった場合、テクニカルに資料の依頼方法を工夫しても限界があるような
氣がします。

 それよりは、やはり会社と監査人との信頼関係というか、普段からのコミュニ
ケーションが大きく左右するのではないかと。

 信頼関係ができていれば、きわどい処理の場合、事前に相談があるはずです。
であれば、それ以外のところはどれだけ突っ込まれても痛くもかゆくもないので、
スムーズに資料を提示する。

 一方、信頼関係がなければ、できれば隠したい、
監査人にわからないようにしたいと考え、
必然的に、いろんな資料をゆっくりだすようになる。
そういうもののように思います。

 パートナー、主査が会社の方と頻繁にコミュニケーションを
取ることは当然で、加えてスタッフレベルでも、新人が来る
たびに同じ質問をするといったことを避ける努力をするなど、
監査人側に会社側の負担を減らす努力・工夫をすることで、
より良い信頼関係を築けるものだと思います。

 監査を離れて久しいため、現在の監査の現場は分かりませんが、
少なくとも私が監査をやっていた時は、上から目線で
「あそこの会社は資料全然出さなくて、ダメだな」と自分たちに何か原因が
あるのでは?という視点が一切ありませんでしたので、そんなことを感じました。

 長文になりましたが、感想を書かせていただきました。
参考になれば幸いです。

                         以上

              記



24.1.10第1回 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その1)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.01.10mondai.text1.kaijikaikei.pdf

24.1.16第2回 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その2)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.01.16mondai.text2.kaijikaikei.pdf

24.1.23第3回 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その3)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.01.23mondai.text3.kaijikaikei.pdf

24.1.30第4回 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その4)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.01.30mondai.text4.kaijikaikei.pdf

第5回(24.2.6) 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その5)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.02.06mondai.text5.kaijikaikei.pdf

第6回(24.2.13) 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その6)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.02.13mondai.text6.kaijikaikei.pdf

第7回(24.2.20) 有価証券報告書作成演習(個別財務諸表その7)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.02.20mondai.text7.kaijikaikei.pdf

第8回「過年度遡及修正:会計方針の変更(その1)」
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.02.27mondai.text8.kaijikaikei.pdf

第9回(24.3.5) 有価証券報告書作成演習
(過年度遡及修正:会計方針の変更その2)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.03.5mondai.text9.kaijikaikei.pdf

第10回(24.3.12) 有価証券報告書作成演習
(過年度遡及修正:会計方針の変更その3)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.03.12mondai.text10.kaijikaikei.pdf

第11回(24.3.19) 有価証券報告書作成演習
「過去の誤謬の訂正に伴う訂正報告書作成演習」
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.03.19mondai.text11.kaijikaikei.pdf

第12回(24.3.26) 有価証券報告書作成演習
「会計帳簿から3つの法定開示書類の作成の流れの演習」
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.03.26mondai.text12.kaijikaikei.pdf

24.4.2第13回 有価証券報告書作成演習
・連結包括利益計算書作成手順
・リサイクリング注記作成
・税率変更に伴う修正
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.04.2mondai.text13.kaijikaikei.pdf

24.4.9第14回 有価証券報告書作成演習
・連結包括利益計算書作成手順
・「減損」含むリサイクリング注記作成
・税率変更に伴う修正
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.04.9mondai.text14.kaijikaikei.pdf

24.4.16第15回 有価証券報告書作成演習問題&解答
・連結損益計算書の内訳注記・独立科目開示の作成手順を理解する。
  (表示方法の変更の注記含む)
・連結附属明細表の作成手順を理解する。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.04.16mondai.text15.kaijikaikei.pdf

24.4.23 第16回「連結キャッシュ・フロー計算書の作成演習」
・連結キャッシュ・フロー計算書の作成手順を理解する。
・連結キャッシュ・フロー計算書科目組替仕訳の意味を理解する。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.04.23mondai.text16.kaijikaikei.pdf

24.5.2第17回「連結範囲変更等に伴う連結キャッシュ・フロー計算書関係注記の作成演習」
・連結範囲変更に伴う連結キャッシュ・フロー計算書関係注記の作成手順を理解する。
・上記以外の連結キャッシュ・フロー計算書関係注記の作成手順を理解する。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.05.02mondai.text17.kaijikaikei.pdf

24.5.10第18回「セグメント情報の作成演習」【2012.6.30訂正】
・「セグメント情報注記」の作成手順を理解する。
・セグメントに関する「業績等の概要」「生産、受注及び販売の状況」及び
 「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の作成手順を理解する。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.05.10mondai.text18.kaijikaikei.pdf

24.5.18第19回「1株当たり情報の作成演習」
・「1株当たり純資産」「1株当たり当期純利益」の作成手順を理解する。
・「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」の作成手順を理解する。
・「株式分割」の場合の「1株当たり情報」の作成手順を理解する。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.05.18mondai.text19.kaijikaikei.pdf

24.5.25 第20回 「 税効果会計(その1)<基礎編> 」
・「税効果会計」と「税務申告書」の流れを理解する。(基礎編)
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.05.25mondai.text20.kaijikaikei.pdf

24.6.5 第21回「税効果会計(その2)」【訂正】
・「税効果会計の注記」作成の流れを理解する。
・「繰延税金資産の回収可能性」の検討過程:「タックスプランニング」を理解する。
  税率差異調整含む。
「正誤表」
http://yosankaikei.otoku21.info/teisei12.06.5seigohyou.text21.kaijikaikei.pdf
訂正問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.06.5mondai.text21.kaijikaikei.pdf

24.6.21 第22回有価証券報告書作成演習 税効果会計(その3)<連結開示>
・連結決算における「税効果会計」処理を理解する。
・「(連結開示)税効果会計の注記」作成の流れを理解する。
  税率差異調整含む。
問題編
http://yosankaikei.otoku21.info/12.06.21mondai.text22.kaijikaikei.pdf


今後ともよろしくお願いします。
posted by 児玉厚 at 12:11 | Comment(0) | 監査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。